CONTACT

中国における子ども環境設計合弁会社設立に関するお知らせ

公開日2021.08.12

この度中国山東省青島市において、当社出資比率40%の子ども環境設計に特化した専門設計会社「粒倍儿空间设计咨询(青岛)有限公司」(英語:Liber Design)の設立登記が完了したことをお知らせいたします。

1、設立の目的
当社は、中国で「子ども主体保育」の理念を普及させることを目的として、2020年から中国での本格的な事業展開を始めてまいりました。こうした中で、中国では「子ども主体保育」の実践に大切な保育環境が整備されていないという課題が浮かび上がりました。中国で当社の保育理念を実現し、保育品質を確保するために、提供するコンテンツに応じた保育環境設計(建築設計、内装、園庭設計など)をつくり出す必要があるとの考えから、中国の建築設計分野に強みを持つ同済大学の産業グループと連携し、子ども環境設計に特化した設計合弁会社を設立しました。これによって、当社の中国連携園のハード面・ソフト面の保育品質を向上させるほか、将来的に、中国におけるローカライズの標準を策定し、現地の幼児教育環境全体の改善について貢献してゆくことを目指します。

2、合弁会社概要
(1)名称:粒倍儿空间设计咨询(青岛)有限公司
(2)所在地:中国 青島市
(3)代表者:趙璐(中国登録1級建築師、同済大学建築・都市計画博士)
(3)事業内容:保育園、幼稚園など子ども施設の設計およびコンサルティング
(4)資本金:100万元
(5)設定年月日:2021年8月12日
(6)資本構成:趙璐45%、株式会社キッズコーポレーションホールディングス40%、上海方大建築設計有限公司15%(同済大学建築設計産業グループ、建築工程甲級設計資質)

参考:同済大学は、上海市にある理工系大学。副部級大学の一つとして、国家重点大学および双一流に指定されている。ドイツ人医師により1907年に創立された医学校が起源。国家重点実験室も持っている。985工程、211工程、双一流の成員校として、国家重点大学である。卓越大学連盟の成員校である。ドイツのヨアヒム・ガウク大統領(当時)は2016年に、当大学に訪問し、講演を実施した。 ゲアハルト・シュレーダー首相(当時)は2002年末に基調講演を当大学で実施した。 「2020年QS世界大学ランキング」 によると、同済大学は中国で9位に位置。 「2020年QS建築学科ランキング」によると、同済大学は世界19位に位置(清華11位、東大は16位)。 建築、都市計画学院と土木工学院の分野での研究が特に盛んに行われ、中国の理工系トップ大学である清華大学と共に中国国内で有名である。

News
TOPページへ戻る